2017年7月14日

フランスの作曲家クロードドビュッシー

0件のコメント

こんにちは。

Cattleyaです。

 

 

私は今年に入って、

2曲ドビュッシーの曲を練習しているので、

 

今回は、

「ドビュッシーってどんな人??」

を簡単にお伝えしたいと思いますウインク音譜

 

 

「版画」の中の「雨の庭」 

 私のオススメ「雨の庭」のリンクはこちら

とても早くて細かい音がたくさんある曲。

雨って感じの音がたくさん出てきます

 

 

「版画」の中の「水の反映」

 とっても綺麗な曲。連なった音が流れていて、

幻想的な曲です

私のオススメ「水の反映」のリンクはこちら

 

 

これらが、

私の今年練習した曲ですてへぺろ音譜

どちらもとっても好きですきらきら

綺麗な曲でしょ?

 

 

ドビュッシーの曲ではその他にも

こんなものもあります

 

 

小学生と中学生の頃に弾いたのが、

「アラベスク1番」

「アラベスク2番」

 

同じく、

「ベルガマスク組曲」の中の全ての曲

「プレリュード」

「メヌエット」

「月の光」私のオススメ「月の光」のリンク

「パスピエ」

私のオススメ「ベルガマスク組曲」4曲全てのリンク

 

などを弾きました。

 

懐かしい。

改めて私はやっぱりドビュッシーが好きです。

 

 

 

Claude Achille Debussy(クロード・アシル・ドビュッシー)

1862.8.22 サン・ジェルマン・アン・レイにて生まれ~1918.3.25 パリに没す

 

印象主義音楽の創始者として、

ピアノ音楽においても全く新しい美の世界を繰り広げました。

 

 

数多いその傑作は、高い詩魂と、精緻を極めた韻律、

そしてマネ、モネやドガ(等にモネ)などの

印象派絵画をそのままピアノの響きにしたような作品。

溢れるような豊富な色彩感覚と透明な流動するゆらめき。

 

 

私はドビュッシーが好きです。

 

音の響きの中に私は明るい光や繊細な色を

感じるからです。

 

19世紀末から20世紀に活躍したドビュッシーは、

常に新たな技法と表現を求めてやまなかったので、

彼のピアノのための作品は手法的にも内容的にも

非常にバラエティーに富んでいます。

 

作曲年代によって、3つの時期に大別されます。

 

check*第1期 1888年~1890年 

check*第2期 1901年~1907年

check*第3期 1908年~1918年

 

ちなみに、

和音の綺麗なドビュッシーですが、

彼の学生時代は

彼が作るような旋律が認められておらず、

作曲法の授業でドビュッシーが作曲する作品は

先生にダメ出しされて、

作曲法の授業の単位を取れなかったとか(笑)

 

面白いですね。

 

 

キラキラ第1期 1888年~1890年

「アラベスク」(1888年作)で始まる第1期は、

「ベルガマスク組曲」(1890年)に至って、

独自な印象派的色彩を見せ始めますが、

まだ完全ではなかったようです。

 

キラキラ第2期 1901年~1907年

サロンに集まる文人、画家たちとの交友が深まり、

また、ロシアの5人組の音楽の影響を、

民族と文化の本質的な相違を示しながらも、

反映しつつ、

彼独自の世界へ入っていった時期。

彼独特の新しい感覚の世界を開拓していったそうです。

 

私が今年弾いた曲、

「版画」や「映像」もこの時期のもの。

 

 

キラキラ第3期 1908年~1918年

第2期の技法はこの時期の「子供の領分」「前奏曲」となって完成されたそうです。

 

全く新しい音の世界で、のびのびと歌い、踊り、瞑想する。

ここでは全ての技法が組み合わせで自由に使われ、

驚くべき融和と完成を見せています。

 

以上、

簡単にドビュッシー説明でした⭐︎

また後日、

「雨の庭」や「水の反映」が

どんな背景で作られた作品かも

今後書いていこうと思います。

 

最新記事
  • 皆さん、こんにちは。 Cattleyaです。 最近の私は、 車で夫とドライブを 楽しんでいます。 お互いの実家にも さっそく帰省しましたよ。 やっぱり車って便利ですね。 今日は大分日が経ってしまいましたが、 ハワイ旅行を振り返ってみようと思います。 1日目: ハワイに到着したのは午前中です。 シェラトンワイキキホテルで チェックインを早めにして、 お部屋に荷物を置いたら、 早速弟家族はプールへ。 私と両親はシェラトンホテルの中にある ピザ屋さんでお昼ご飯をピザ 店員の白人のおばさんはとても良い方でしたよ。 そして美味しかった。 夕方から夜にかけて、 右矢印Wine&Canvasというイベントに 私だけ参加しました。 ワインなどのドリンクを飲みながら 絵を描くというイベントです。 家族はシェトンワイキキホテルの カイマーケットという レストランで夕日を見ながらお食事ロゼワインシャンパン このWine&Canvasには日本人の私1人と、 ロシア人のご夫婦、 フランスの田舎から来られたカップル、 LAのおばさんがお1人 (たまに旦那様がご自身の本を読みながら、 イベントスペースへ来て 待たれていました。) 先生とアシスタントのお兄さんは ハワイの方でした。 共通言語が英語ですが、 皆さん完全にネイティブですね。 そして、 皆さん日本のことをよくご存知で 日本に来られたことが 先生も先生の奥さんも、 ロシア人ご夫婦の奥さんもあり、 彼らは日本人がとても親切で、 日本人のことも日本人の文化も とても好きだと話してくれました。 また、東北大震災のことも多くの方々が ご存知で痛ましい記憶であり、 日本人、東北の方々のために お祈りします。 と語ってくださいました。 日本のことをよくご存知でした。 新幹線も乗ったことがあって、 とてもかっこいいそうですよ。笑 このイベントはワインを 飲みながらリラックスした中で、 先生の説明を聞きながら、 絵を描いていくという物です。 皆さんとお話ししながら、 とっても楽しかったです。 参加者で 「楽しいね〜、楽しいね〜」 と言いながら楽しみました。 とっても盛り上がりましたよ。 本当に参加して良かったです。 絵の完成が進むにつれて、 一人一人同じ絵を描いているにも拘らず、 表現の仕方がそれぞれ違うんです。 様々な国から来た肌の色、目の色、 文化、言葉の違う人達が集まり、 同じ絵を描くけれど、 全く違う絵が完成する。 面白いですね。 次回はハワイ旅行2日目以降のことを お伝えしますね。
  • 皆さん、こんにちは。 Cattleyaです。 皆さんいかがお過ごしですか? 私は仕事が楽しくて仕方ありません。 今度、 ハワイ旅行の振り返りをしようと 思っていますが、 ハワイに行くまでのメールでの予約時も やはりTOEICの勉強を 続けていて良かったなチューアップ と思いました。 例えば、 ドルフィン・クエストで イルカと泳ぐ予約をする際や 母のお祝いの為のサプライズパーティーを するためのレストランの予約、 そしてカイルアシャトルの予約などなど、 とっても役立ちました。 特にドルフィン・クエストは ケガをすることのリスクのための 同意書などにサインをしたりと、 厳重なやり取りもあったので、 役立ちましたよ。 私は元々、 発音や会話をメインで8歳の頃から 勉強していたため、 会話に関してはあまり不自由はないのですが、 読み書きはあまり得意ではありませんでした。 恩師は 「TOEICなんて勉強しても 話せない人が多いから 意味がないえー」 とTOEICを毛嫌いしていましたが、 夫と出会ってその考えは変わりました。 夫に出会う前から私なりに 言語の習得は、 "読む" "書く" "聞く" "話す" のどれもが必要であることは わかっていましたが、 ビジネス英語を学んでも私の生活の中では 何ら支障もなかったので、 積極的に勉強することはありませんでした。 勉強し始めてもうすぐで 2年ほど経ちますが、 何事もコツコツしていると、 思いがけないことで、 役に立つことがありますね。 それと、 これからは家事をしながらでも 英語音声のCDやラジオなどを 流し聞きすることにして、 ヒアリングの量を増やすことに決めました。 その結果どうなるかは また結果が出次第お伝えしますね。 ところで、 私が今ハマっているのは "catfish"という番組です。 facebookなどのSNSだけで知り合った 相手と恋人同士のはずだけれど、 どちらか片方がなぜか face to faceで会いたがらない。 その仲介役をするのが、 MTBのcatfishという番組。 実際に会ってみると、 写真と実物が違ったり、 相手が嘘をついているから あえなかったという理由だったり。 日本語字幕なしで、 英語音声だけで見ています。 めっちゃ楽しい〜。 それでは、皆さんお元気で⭐︎
  • みなさん、こんにちは。 Cattleyaです。 大変ご無沙汰しておりました。 たくさんのメッセージお返事できていなくて、 すみません。 少しずつお返事していきますね。 私は体調を崩して、病院に行くこともしばしばありました。 みなさんも体調、気をつけてくださいね。 ところで、 前回の“感性”は全ての道に通じている について で記載した内容に対して、 こんなメッセージを頂きました。 美しいものを共通して見ている…深いですね。 僕は多くの経営者の方にお会いしてきましたが、 Cattleyaさんの仰るように、 皆さん五感や感性をフルに発揮していらっしゃいます。 以下省略 テレビや雑誌などでご活躍されている方 からのメッセージでした。 初めてご連絡頂きましたが、 共感して頂いてとても嬉しかったです。 他にもたくさんの方々からメッセージを頂き、 感謝しております。 皆さま本当にどうも有難うございます。 さて、 今月に入って少しした頃、 「自分をもっと大事にして」 と、自分の中の誰かから聞こえてきました。 それは、 洗い物をしている時だったように思います。 気のせいかな? とも思ったけれど。 自分を大事にしてって一体なんだろう? 最近忙しくてご飯を適当にしていたこと? 生活リズムがめちゃくちゃになっていたこと? 色々と考えました。 だけど、 一番思い当たるのは、 自分を粗末に扱っていたことでした。 自分自身を女性として扱っていなかったこととか。 はっとさせられました。 そして、 自分のやりたくないことも 頑張ってやっている自分がいることに気がつきました。 同じ頃、 体調も崩し始めたので、 ブログの更新も何もかも一切ストップして、 数日間やりたいことだけやることにしました。 皆さんはどうですか? どうしてもやらなければならないことって、 たくさんあるけれど、 自分を疎かにしていたり、 自分の気持ちを見て見ぬ振りしたり していませんか? 私は、 現在反省中です。 もっと、 オシャレしたり、 毎日を丁寧に過ごしたり、 女性であるということをもっと自覚して、 充実した時間を過ごすようにしていきたいと思います。 ところで、 昨年の12月24日は3年ぶりに、 実家で家族全員集合3世帯でクリスマスパーティーを することができましたよ。 みんなでご飯を作り、 大体20種類くらいの食べ物ができ、 プレゼント交換もして、 とても楽しい充実した時間を過ごすことができました。

Copyright © Jibun kannsei 2019.All Rights Reserved.

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagramの社会のアイコン
  • ブロガー社会のアイコン
お問い合わせ

​お問い合わせ先:my-sensibility@hotmiai.com

-My sensibility 自分 感性☆の最新情報

​ニュースレターにご登録いただいた方には、

新作やイベント、感性の磨き方、天職の思い出し方などの最新情報をいち早くお届けします。

​自分 感性☆ Official Site
​アクセス

​大阪府吹田市